健康用語WEB事典

レモン(lemon)

温暖な地域に育つミカン科ミカン属の柑橘類クエン酸が6〜7%含まれ、酸味が強い。*1

ポリフェノールフラボノイド)の含有量は、エリオシトリンが最も多く、次にヘスペリジンが多い。これらは果汁中には少なく果皮中果皮)に多いことが確認された。ナリンジンナリルチンネオヘスペリジンなどはごく微量に含まれる。*2

*1近畿大学理工会学生部会 化学研究会 レモンからクエン酸の分離: http://www.chem.kindai.ac.jp/kaken/study/05stdata/05st07.html
*2レモン(Citrus limon)特有のフラボノイドに関する研究 -成分分析・分子特性・機能性に基づく有用性の評価- 県立広島大学大学院 総合学術研究科 生命システム科学専攻 山本涼平: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/detail/1226520150525134622

ご意見・ご要望をお聞かせください。


レモンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-15 (金) 07:51:36