ロイコトリエン(leukotriene : LT)

アラキドン酸代謝産物である脂質メディエーター白血球(leukocyte)から生成される三つの二重結合(triene)をもつ物質であることからその名が付けられた。nMという低濃度で作用する。リポキシゲナーゼによってその産生が触媒される。*1*2*3

アレルゲンに刺激されることで肥満細胞白血球などから放出される。白血球の遊走させ、血管透過性を亢進させる。また、気管支血管を収縮させる作用を持つ。*4*5

気管支喘息アレルギー性鼻炎などを引き起こす原因にもなる。*6

ロイコトリエン群として以下のものがある。

*1ロイコトリエン拮抗剤の研究開発 小野薬品工業株式会社 薬理研究所 藤田学: http://www.sugitani.u-toyama.ac.jp/sangaku/forum/souyaku26/fujita.pdf
*2皮膚神経疾患シェーグレン・ラルソン症候群原因遺伝子Aldh3a2のノックアウトマウスを用いた皮膚病態解析: https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/64635/1/Tatsuro_Naganuma.pdf
*3システイニルロイコトリエン受容体 金岡禧秀: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/05/83-07-03.pdf
*4ナツメ社 埼玉医科大学リウマチ膠原病院 教授 三村俊英 基礎からわかる免疫学
*5西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*6技術評論社 奈良信雄 知りたいサイエンス とっても気になる血液の科学(2010/1/5)

ロイコトリエンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-09 (木) 06:47:46