ロイコトリエンB4(leukotriene B4 : LTB4)

白血球遊走を制御するロイコトリエンアラキドン酸から5-リポキシゲナーゼ依存的な経路で産生される。白血球においてω酸化による分解経路を介して不活性化される。*1

ロイコトリエンA4ロイコトリエンA4ヒドロラーゼが作用することで生成される。*2

不活化の反応では、まずシトクロムP450CYP4F2/CYP4F3?)によってω位ヒドロキシ化されてω-ヒドロキシLTB4へと変換された後、ω位ヒドロキシ基アルデヒドへと酸化され、次いでALDH3A2によりカルボン酸へと酸化されω-カルボキシLTB4に代謝されて完了する。

*1皮膚神経疾患シェーグレン・ラルソン症候群原因遺伝子Aldh3a2のノックアウトマウスを用いた皮膚病態解析: https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/64635/1/Tatsuro_Naganuma.pdf
*2岡山県立大学特別研究費取扱要綱 ロイコトリエン合成系を標的とした食品の抗アレルギー作用の解明 川上祐生: https://www.oka-pu.ac.jp/media_images/files/h29/kikaku/kenkyu_kankei/2017D17.pdf

ロイコトリエンB4に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-09 (木) 07:08:54