健康用語WEB事典

ロキシスロマイシン(roxithromycin)

マクロライド系抗生物質のひとつ。エリスロマイシン誘導体掻痒に対する治療*1*2

ロキシスロマイシンの化学構造

細菌リボソームにおけるタンパク質合成の阻害や食細胞の殺促進などの作用を持つ。

TNF-αが誘導するMMP-1MMP-2の産生を抑制することや転写因子AP-1の活性化を抑制することが報告されている。*3

*1ロキシスロマイシン錠150mg「サワイ」: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6149002F1177_1_04/
*2「第 66 回日本皮膚科学会中部支部学術大会② 教育講演1 痒疹:便利だが曖昧な診断名と治療抵抗性」 浜松医科大学 皮膚科 教授 戸倉新樹: http://medical.radionikkei.jp/maruho_hifuka/maruho_hifuka_pdf/maruho_hifuka-160512.pdf
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 病的血管新生を標的とした新規歯周病治療薬の開発 (KAKENHI-PROJECT-12771146): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-12771146/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ロキシスロマイシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: file roxithromycin.png 閲覧数 157回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-01-20 (月) 08:40:20