ロキソプロフェン(loxoprofen)

非ステロイド系消炎鎮痛薬のひとつ。商品名はロキソニンEMECなど。*1

ロキソプロフェンの化学構造

炎症を引きおこすプロスタグランジン生合成を抑え、痛みや発熱を抑える。代表的な痛み止め。

関節リウマチ変形性関節症手術後や外傷後並びに抜後の鎮痛急性上気道炎解熱に用いられる。

錠剤にはナトリウムとのロキソプロフェンナトリウム)として含まれ、服用量は1回あたり60〜120mg(1錠60mgを1〜2錠)が目安。まれに以下の副作用が起こるとされる。*2

消化性潰瘍である場合やアスピリン喘息の既往歴がある場合は服用できないことがある。

*1山梨大学医学部附属病院 『ロキソプロフェン錠 60mg「EMEC」』のオーダ開始について: http://www.hosp.yamanashi.ac.jp/yakuzaibu/di_box/files/dibox0635.pdf
*2医療機関処方箋

ロキソプロフェンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: fileloxoprofen.png 閲覧数 84回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-01-17 (水) 08:50:35