健康用語WEB事典

ロドプシン(rhodopsin)

レチナールを色素とする膜タンパク質微生物からヒトにまで広く保存されている。*1

網膜に存在する光受容体として働くイオンポンプ11-シス-レチナールオプシンアミノ酸残基シッフ塩基を形成し、さらにシッフ塩基プロトン化された構造を持つ。*2*3

ビタミンAロドプシン補酵素として働き、視細胞の働きを補助する。*4

タグ: 網膜 受容体 タンパク質 補酵素 ビタミンA

*1神経抑制に役立つタンパク質の巧みな光応答メカニズムを解明 - 国立大学法人 岡山大学: https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id906.html
*2大阪市大・理・生物・生体高分子機能学II: http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/biol/mphys/kenkyu.html
*3オレフィンの高選択的光異性化 筑波大学化学系 新井達郎 徳丸克己: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/27/5/27_5_308/_pdf
*4秀和システム 生化学若い研究者の会 これだけ!生化学

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ロドプシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-12-21 (火) 18:58:04