健康用語WEB事典

ロリクリン(loricrin)

皮膚顆粒層に存在し、コーニファイドエンベロープの主成分となるタンパク質。その発現ケラトヒアリン顆粒より始まり次第にコーニファイドエンベロープに組み込まれる。*1*2

タグ: タンパク質 皮膚 コーニファイドエンベロープ

*1KAKEN — 研究課題をさがす | ロリクリン遺伝子の発現調節に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-07670947): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-07670947/
*2表皮細胞の環境変化が重篤な皮膚炎を引き起こすことを発見 | プレスリリース | 東邦大学: https://www.toho-u.ac.jp/press/2017_index/20180327-869.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ロリクリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-11 (日) 06:45:40