健康用語WEB事典

ローズベンガル(rose bengal)

着色料として使用されるタール色素赤色105号とも呼ばれる。

ローズベンガル(赤色105号)の化学構造

光増感剤として用いられる。540mmの波長の電磁波(緑色光)を照射することで励起状態となり、この励起状態のエネルギーを酸素に移すことで活性酸素種が生成される。*1

*1創薬のための新しい病態モデル 中島光好 梅村和夫 滝ロ祥令: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj1944/102/3/102_3_191/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ローズベンガルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filerose_bengal.png 閲覧数 545回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-02-14 (水) 08:43:59