健康用語WEB事典

ロートエキス(scopolia extract)

ハシリドコロの根茎や根から得られるエキス。毒性が極めて強く劇薬に指定されている。胃酸過多、胃炎消化性潰瘍痙攣性便秘などに対する治療薬に用いられる。生薬名はロートコン*1*2*3

有効成分であるl-ヒヨスチアミンアトロピンdl-ヒヨスチアミン)、スコポラミンアセチルコリンムスカリン様作用を競合阻害する。*4

*1ロートエキス散「JG」: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1249351B1230_1_06/
*2昭和大学 薬用植物園 ハシリドコロ: http://www.showa-u.ac.jp/sch/pharm/facilities/mpgarden/plants_ha/hasiridokoro.html
*3熊本大学薬学部 薬草園 薬草データベース ハシリドコロ: http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/yakusodb/detail/003543.php
*4ロートエキス散「ホエイ」: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1249351B1141_2_04/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ロートエキスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-03-01 (日) 09:18:54