健康用語WEB事典

ローリング(rolling)

白血球のローリングとは、炎症が起こった際に白血球血管内皮細胞セレクチンに弱く結合し、血管内皮細胞表面を転がる現象。*1

例えば、白血球上のPSGL-1炎症組織血管内皮細胞に発現するP-セレクチンと結合することによって起こる。*2

白血球細菌感染部位や炎症組織へ浸出していく過程は複雑で,その第一段階として血流に乗って素早く流れていた白血球血管壁に沿って転がる現象が観察される.この現象がローリングと呼ばれ,セレクチン糖鎖との可逆的な結合によって媒介されることが明らかにされている.*3

*1福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 細胞接着分子: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/adhmol.htm
*2大阪大学医学系研究科・医学部 研究内容: http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/orgctl/www/project.html
*3星薬科大学学術情報リポジトリ 血小板と白血球の相互作用 : セレクチンと糖鎖を介した接着による白血球活性化: https://stella.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=97&item_no=1&page_id=13&block_id=21

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ローリングに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-25 (火) 10:20:01