一型糖尿病(diabetes mellitus type 1)

糖尿病のひとつ。インスリン依存性糖尿病とも呼ばれる。自己免疫疾患のひとつでもある。

膵臓β細胞に対する自己抗体によってβ細胞の破壊が起こり、必要な量のインスリン分泌ができなくなることが原因とされる。肥満メタボリックシンドロームに関係なく300人に1人の割合で発症していることが知られており、遺伝的な要因によると考えられている。*1

自力でインスリン分泌ができないため、毎日注射によってインスリンを体外から補充する必要がある。*2

*1技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)
*2浜松医科大学 健康社会医学講座 糖尿病の病型分類: http://www2.hama-med.ac.jp/w1a/health/old_site/kyouiku/jisshu/1998_05/1998_05_type.html

一型糖尿病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-04-16 (月) 09:24:26