一次リンパ濾胞(primary lymphoid follicle)

小リンパ球のみが存在し、胚中心を持たないリンパ小節一次リンパ小節とも。*1*2

抗原刺激を受けていないB細胞が存在する。B細胞が増殖の命令を受けると、B細胞は一次リンパ濾胞の中で増殖して胚中心を形成し、二次リンパ濾胞となる。*3

B細胞の一部は一次リンパ濾胞内へ移動し、胚中心が形成される。そこでB細胞は急速に増殖を開始し、中心芽細胞となる。*4

*1群馬大学大学院医学系研究科生体構造学(旧解剖学第一講座)WEB 口蓋扁桃 palatine tonsil のリンパ小節 lymph nodule : http://anatcb.dept.med.gunma-u.ac.jp/homepage/pic/doc/tonsil-pala4.htm
*2日本内科学会雑誌 リンパ節の基本構造 冨永邦彦 若狭治毅: https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika1913/83/6/83_6_867/_article/-char/ja/
*3近畿大学 輸血・細胞治療センター リンパ節が腫れたら… 第13回 血液学を学ぼう!: http://www.med.kindai.ac.jp/transfusion/kettuekigaku-13.pdf
*4胚中心におけるT細胞セレクション機構の解析 研究代表者 古津修一(広島大学生物生産学部助教授): https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/2/20842/20141016135707716688/11670322.pdf

一次リンパ濾胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-21 (日) 12:05:41