三量体Gタンパク質(trimeric G protein)

3つのサブユニット(Gα、Gβ、Gγ)の複合体であるGタンパク質

三量体Gタンパク質は活性化GPCRリガンド結合による構造変化)と結合し、GDP結合型からGTP結合型に変化する。GTP結合型の三量体Gタンパク質は活性化型と呼ばれ、各種の細胞内シグナルを誘導します。*1

*1Gタンパク質共役型受容体の活性化を網羅的に検出する手法を確立 ―新しいくすりの開発に貢献― | 東京大学: http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_240917_j.html

三量体Gタンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-03-10 (土) 08:52:15