健康用語WEB事典

不活化ワクチン(inactivated vaccine)

病原体を不活性化(毒性を無効化)させたワクチン。例えば、国内のインフルエンザに対するワクチンなど。*1

生ワクチンに比べて安全性は高いが、体液性免疫のみの誘導となるため効果は限定的とされる。*2

日本製のインフルエンザワクチンはニワトリの有精に生きたウイルスを注入して増やし、ウイルスだけを回収した後で、ホルムアルデヒドなどを使って不活化したもの。ウイルスは死んでいるので、摂取しても発病する危険性はなく、世界的にも高い安全性を誇るとされる。*3

タグ: ワクチン 抗体 免疫 インフルエンザウイルス ウイルス

*1ワクチンを打つ前に知っておくべきこと: https://www.nihon-u.ac.jp/catchup/research/307/
*2予防接種の臨床メモ 第1版 佐久総合病院総合診療科 髙山義浩: http://plaza.umin.ac.jp/~ihf/memo/bedside/vaccination2008.pdf
*3技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)

ご意見・ご要望をお聞かせください。


不活化ワクチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-10-11 (月) 06:09:38