健康用語WEB事典

中心視

視野の中心に位置し、最も鮮明に物を見ることのできる範囲。

物の形や色などハッキりと確認できるのは、焦点を当てた注視点からほんの1~2度程度の範囲にすぎません。この範囲を「中心視」といいますが、この中心視で、標識の文字を読んだり、特定の物や出来事に注目する場面で活用しています。*1

*1周辺視野は加齢とともに低下する - シンク出版株式会社: https://www.think-sp.com/2013/08/07/tw-tyuushinshi/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


中心視に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:29