健康用語WEB事典

中毒性巨大結腸症(toxic megacolon)

中毒性変化を伴う巨大結腸症潰瘍性大腸炎に伴う重篤で死亡率の高い合併症。治療は手術ステロイド動注療法。*1*2

クローン病にも合併することが報告されている。症状は発熱頻脈白血球増加、貧血脱水精神症状電解質異常、低血圧などがある。*3

タグ: 中毒 疾患 結腸

*1中毒性巨大結腸症の治療(保存的療法の有用性について) 国立療養所神奈川病院外科 勝又貴夫 納賀克彦 深井志摩夫: https://www.jstage.jst.go.jp/article/iryo1946/43/2/43_2_216/_article/-char/ja/
*2中毒性巨大結腸症を合併した高齢者潰瘍性大腸炎の1例 東北大学第1外科: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcoloproctology1967/49/4/49_4_318/_article/-char/ja/
*3非中毒性巨大結腸症を呈したクローン病の1例 伊勢崎市民病院外科 昭和大学一般・消化器外科 保田尚邦 渡辺誠 田中啓貴 斎藤加奈 渡辺健一 神坂幸次 樋渡克俊 草野満夫: http://journal.jsgs.or.jp/pdf/036020154.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


中毒性巨大結腸症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-27 (火) 14:35:07