健康用語WEB事典

丹毒(erysipelas)

A群β溶連菌によって皮膚に起こる感染症。症状は急な発熱悪寒、熱感を伴う境界明瞭な紅斑*1

丹毒が起こると痒疹が消失する場合があるが、これは溶連菌Th1細胞の変調を誘導するためとされる。

*1CK が高値であった丹毒の1例 松立吉弘 浦野芳夫 徳島赤十字病院 皮膚科: http://www.tokushima-med.jrc.or.jp/hospital/medical/2011_full024.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


丹毒に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-03-27 (水) 13:55:35