乳がん(breast cancer)

乳房内の組織にできるがん。1999年以降の女性の部位別のがん罹患率は、乳がんが最も高い。特に40代に多い。統計的には12人に1人の割合。

診断できる最小の大きさは1cmで、1cmの乳がんが2cmにまで増殖には2年程度を要する。*1

2年に1度のマンモグラフィーによる検診が推奨されている。乳房しこりを確認する触診や超音波検査も利用される。

乳がんの種類

乳がん細胞の種類は以下の4種類

浸潤がん

がん細胞乳腺から出て広がる乳がん

非浸潤がん

がん細胞乳腺にとどまるがん

乳がんの薬物療法

手術前後に再発防止の目的で薬物療法が用いられる。

乳がん細胞の種類によって以下の治療法を使い分ける。

ホルモン療法

ルミナールタイプの乳がん細胞に対して用いられる。

ルミナールタイプは女性ホルモンエストロゲンを利用して増殖するので、以下の方法で対処する。

薬の種類

化学療法(抗がん剤)

分子標的療法

HER2をブロックする。

*1中央公論新社 中川恵一 知れば怖くない 本当のがんの話

乳がんに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:31