乳児ボツリヌス症(infant botulism)

ボツリヌス毒素が混入したハチミツやコーンシロップなどによって乳児に発症する運動神経麻痺性疾患。*1

内の免疫機構が未発達な乳児では、ハチミツに含まれる少量のボツリヌス毒素が問題となる。*2

ボツリヌス毒素腸管から吸収されると中枢神経(特に延髄)における神経伝達に障害が発生し、四肢の脱力、嚥下障害、呼吸麻痺複視などの症状が出現する。死亡例もある。

*1三重大学医学部附属病院 感染対策チーム 乳児ボツリヌス症: http://www.medic.mie-u.ac.jp/ict/4-23.html
*2愛知医療学院短期大学 杉山成司 ハチミツによる乳児ボツリヌス症・・・甘いものには罠がある!: https://www.yuai.ac.jp/column/2018/07/13082049.html

乳児ボツリヌス症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-11-11 (月) 12:14:18