二次リンパ器官(secondary lymphoid organs)

一次リンパ器官で産生された白血球が集まる以下のような器官二次リンパ組織とも。*1

侵入してきた抗原の監視・迎撃を行う場となる。また、ストローマ細胞が存在する。

二次リンパ組織には免疫細胞以外にストローマ細胞と呼ばれる間質細胞が存在し、二次リンパ組織全体の構造を支えております。中でもTリンパ球が集まるTリンパ球領域には細網線維芽細胞?と呼ばれるストローマ細胞が存在します。このストローマ細胞樹状細胞Tリンパ球を呼び寄せる働きをもっており、この働きによって、樹状細胞からTリンパ球へ情報を効率よく伝えることが可能となります。*2

*1技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)
*2樹状細胞がリンパ組織を作る仕組みを発見-新しいリウマチ治療薬への応用- | Research at Kobe: http://www.kobe-u.ac.jp/research_at_kobe/NEWS/news/2017_11_07_01.html

二次リンパ器官に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-18 (木) 15:10:23