健康用語WEB事典

亜急性脊髄視神経症(subacute myelo-optico-neuropathy : SMON)

キノホルムが原因となる疾患。頭文字を取ってスモンとも。1967~68年頃に多くの患者が現れた。*1

腹痛下痢が出現した後、2~3週を経て両下肢に異常な感覚(物が付いている、締め付ける、ジンジンする)が出現するのが特徴。下肢筋力低下や錐体路徴候視力障害、緑色舌苔が起こる場合もある。*2

後遺症としては、異常感覚、歩行障害、視力障害が多い。

*1難病入門 難病と指定難病と障害、その違い: https://sangakukan.jst.go.jp/journal/journal_contents/2018/04/articles/1804-02-1/1804-02-1_article.html
*2日本大学医学部 内科学系 神経内科学分野 関東甲越地区スモン事務局: http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/neuro/sumon/index.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


亜急性脊髄視神経症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-12 (火) 14:30:12