健康用語WEB事典

仮骨延長法(distraction osteogenesis)

を切断し、その一方のを徐々に牽引し、その間を修復(仮骨を形成)させることでを伸ばす治療法。仮骨延長術とも。*1

などの伸展などに応用される。

四肢の病的な短縮や骨折後の変形治癒に対する治療法の一つとして, 近年, 長管骨を横断して遠位, 近位それぞれの長管骨に強固な金属のネジを打ち込み, 力を加えて徐々に長軸方向に延長していくと, 横断した間隙に生じた仮骨が長軸方向に少しずつ延長し, やがて骨組織に変換することが知られている。*2

ご意見・ご要望をお聞かせください。


仮骨延長法に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-05-03 (木) 14:44:23