健康用語WEB事典

低カルシウム血症(hypocalcemia)

血液中のカルシウム濃度が9mg/dL以下の状態。副甲状腺機能亢進症手術後に生じる場合がある。*1

脊椎動物血清カルシウム濃度は厳格に 9~10mg/dL に保たれており、この値が 11mg/dL 以上になると高カルシウム血症、9mg/dL 以下になると低カルシウム血症となって、いずれも身体に変調をきたす。50%低下して 5mg/dL になると、ヒトは筋肉の強直(テタニー)を起こして死亡する。*2

タグ: カルシウム 症状

*1名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科:副甲状腺-手術後の合併症: https://www.med.nagoya-u.ac.jp/nyusen/sick/subthyroid/s_comp.html
*2埼玉医科大学 年をとるとなぜ骨がもろくなるか: http://www.saitama-med.ac.jp/lecture/materials/01-H1704-1.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


低カルシウム血症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2020-12-06 (日) 18:34:40