健康用語WEB事典

低酸素誘導因子(hypoxia inducible factor : HIF)

細胞低酸素環境に置かれることによって細胞核へ移行し、その環境に適応するための遺伝子転写を促進する転写因子の総称。低酸素応答転写因子とも。*1*2

以下の3種類が存在する。HIFβは共通のサブユニット*3

がん細胞において、解糖系酵素及び血管新生に関わるVEGFなどの遺伝子発現を制御する。

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 低酸素誘導因子HIFによる糖鎖関連遺伝子の転写誘導とその病態的意義の総合的解明 (KAKENHI-PROJECT-15K08288): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K08288/
*2低酸素応答転写因子 HIF-1 をターゲットとした血液腫瘍治療の展開 桐戸敬太 山梨大学医学部 血液・腫瘍内科: https://www.med.yamanashi.ac.jp/ymj/pdf/nl/20140213112518_58.pdf
*3低酸素応答制御と造血システム 桐戸敬太 山梨大学医学部血液・腫瘍内科教室: https://www.med.yamanashi.ac.jp/ymj/pdf/nl/20140212111657_33.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


低酸素誘導因子に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-01-24 (木) 12:58:13