健康用語WEB事典

侵害受容器(nociceptor)

組織を損傷する侵害刺激を感知し、痛みを伝達する受容器痛覚受容器とも。*1

侵害受容器が受けた刺激の情報は、一次求心性線維を介して脊髄後角二次ニューロンに伝達される。

TNF-αなどの炎症性サイトカインは侵害受容器の疼痛閾値を低下させ、痛みを感じやすくする。*2

*1奈良県立医科大学 生理学第一講座 体性感覚とは: http://www.naramed-u.ac.jp/~1phy/6.24.pdf
*2関西医科大学 医化学講座 痛みの伝達経路と慢性痛の発生・維持機構: http://www3.kmu.ac.jp/medchem/index2.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


侵害受容器に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-26 (土) 16:20:52