健康用語WEB事典

促通拡散(facilitated diffusion)

生体膜などの膜をそのままでは通過できない分子を、選択的にトランスポーターなどのキャリア(担体)によって移動させる輸送形態。濃度勾配に従って輸送するためエネルギーを消費しない。促進拡散とも。*1

単純拡散より数10倍早く輸送され、濃度が平衡状態となる。*2

複数のグルコーストランスポーターが促通拡散を行う。*3

ご意見・ご要望をお聞かせください。


促通拡散に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-24 (月) 11:18:35