健康用語WEB事典

偽性コリンエステラーゼ(pseudocholinesterase : ChE)

主に肝臓血漿中に存在し、アセチルコリン以外のコリンエステルスキサメトニウムプロカインなど)のエステル結合も分解するコリンエステラーゼ*1

血清コリンエステラーゼアシルコリンエステラーゼブチリルコリンエステラーゼ非特異的コリンエステラーゼなどとも呼ばれる。*2

肝臓に異常があると偽性コリンエステラーゼが血液中に増えるため、血液検査の項目のひとつとなっている。

*1名城大学薬学部 薬品作用学研究室 副交感神経興奮薬(コリン作動薬): http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/mhiramt/EText/Pharmacol/Pharm-II02-4-1.html
*2和歌山県立医科大学附属病院臨床検査部門 一次サンプル採取マニュアル コリンエステラーゼ: https://www.wakayama-med.ac.jp/hospital/shinryo/inspection/pdf/362000.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


偽性コリンエステラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-09-20 (金) 08:34:36