偽膜性大腸炎(pseudomembranous colitis)

ある細菌抗生物質による腸内細菌のバランス崩壊によって異常増殖することで起こる大腸炎大腸に小さい円形の偽膜が見られることが特徴。偽膜性腸炎とも呼ばれる。

主にクロストリジウム・ディフィシルが原因となる。最も頻度が高い院内感染。症状は頻繁な下痢、粘性のある便腹部の張り、腹痛発熱吐き気など。*1

*1厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸炎: http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1g05.pdf

偽膜性大腸炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-04-03 (火) 15:39:43