傍細胞輸送(paracellular transport)

細胞間隙タイトジャンクション)を横切って物質を運ぶ輸送形態。

タイトジャンクションの核心部分を構成する接着分子であるクローディンファミリーの各タイプの個性と発現の組み合わせが傍細胞輸送の特性を規定するとされる。*1

これに対し、細胞膜を物質が通過する輸送形態は経細胞輸送と呼ばれる。*2

*1細胞間隙を介する物質輸送を制御する分子機構 - 生理学研究所: https://www.nips.ac.jp/sp/research/seminar/2013/09/post-138.html
*2タイトジャンクションを構成する4回膜貫通型蛋白質 オクルディンとクローディンの発見:Paracellular Pathwayの新しい生理学へ向けて 月田承一郎 古瀬幹夫: http://www3.mfour.med.kyoto-u.ac.jp/~htsukita/new-pub/Claudin-1new.html

傍細胞輸送に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-20 (月) 11:01:56