先天性免疫不全症(congenital immunodeficiency)

生まれつきの遺伝子の異常によって免疫に関わるリンパ球抗体が正常に産生されず、通常なら問題とならない細菌ウイルス感染してしまう免疫不全症原発性免疫不全症とも。

先天性免疫不全症候群は、遺伝子の異常により細菌ウイルスといった病原体から体を守っている免疫系に生まれつき異常を示す病気の総称で、現在までに約120個の病気がわかっています。個々の病気の症状は共通しており、易感染性(重い感染症に何度もかかったり、治りが悪かったり、健康な人では感染しても問題にならないような弱い病原体感染し重症化すること)を示します。*1

原因となる遺伝子によって複数の種類に分類される。*2*3

*1「先天性免疫不全症の原因遺伝子同定および病態形成機序の解明」についての説明書(患者様用): http://www.med.u-toyama.ac.jp/pedi/group/idenshi.pdf
*2技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)
*3富山大学 医学部 原発性免疫不全症候群の分類: http://www.med.u-toyama.ac.jp/pedi/group/mennHp/body/bunrui.htm

先天性免疫不全症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-08-10 (金) 14:41:11