先天梅毒(congenital syphilis)

梅毒に罹患している妊婦から胎盤を通じて胎児感染した梅毒*1

早期先天梅毒の発症年齢は出産後~生後3ヶ月。出生時は無症状で外見も正常である場合が多いが、生後まもなく水疱性発疹?斑状発疹?丘疹状の皮膚病変、鼻閉、全身性リンパ節腫脹肝脾腫骨軟骨炎?などの症状が起こる。

晩期先天梅毒では乳幼児期は症状を示さずに経過し、学童期以後にハッチンソン徴候が確認される。


先天梅毒に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-07 (日) 08:35:41