先端巨大症(acromegaly)

脳下垂体に出来る腫瘍によって成長ホルモンが過剰に分泌されることで起こる疾患。アクロメガリーとも。*1

の部位()などが肥大化する。発過多、頭痛視野障害、月経不順、糖尿病高血圧などを伴う場合がある。希少疾病で認知度が低い。*2*3

*1広島大学 先端巨大症・巨人症: http://home.hiroshima-u.ac.jp/nouge/right/acromegaly.htm
*2アクロメガリー(先端巨大症・成長ホルモン産生下垂体腺腫) | 昭和大学病院: http://www.showa-u.ac.jp/SUH/department/list/neurosug/explanation7/acromegaly.html
*3一般社団法人 日本内分泌学会 成長ホルモンの適正使用に関する見解: http://square.umin.ac.jp/endocrine/seicho_hormone/

先端巨大症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-22 (土) 18:33:14