健康用語WEB事典

光線療法(phototherapy)

異常な新生児黄疸に対する治療法。身体に紫外線)を照射して下の過剰なビリルビンの分解を促進する。*1*2*3

ビリルビンへの光の照射によって、その立体異性体であるフォトビリルビンへと変化させて脂溶性を低下させ、肝臓腎臓からの排泄を促進することができる。*4*5

*1順天堂大学医学部附属静岡病院 新生児黄疸とは?: http://www.hosp-shizuoka.juntendo.ac.jp/sp/stork_club/2006_autumn.html
*2乾癬治療について|NCU 名古屋市立大学 大学院医学研究科 加齢・環境皮膚科: http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/derma.dir/medical/medical_1.html
*3看護度分類(提供:鹿児島大学医学部部附属病院) 光線療法: http://www.umin.ac.jp/kagoshima/jgopher/8/N0877.txt
*4KAKEN — 研究課題をさがす | 高ビリルビン血症に対する光療法の研究 (KAKENHI-PROJECT-05671033): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-05671033/
*5KAKEN — 研究課題をさがす | ビリルビン除去装置の開発 (KAKENHI-PROJECT-09877305): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-09877305/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


光線療法に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-15 (土) 09:49:01