光老化(photoaging)

長期間日光(紫外線)に当たり続けた皮膚に起こる変化。の増加、皮膚の弾力低下、毛髪の減少、白髪化、日光弾性線維症など。*1*2

光線によって生じたDNA損傷や修復機構の乱れが蓄積し、正常なコラーゲンなどが減ることによって真皮の構造・機能に異常を来した状態。

農業従事者や戸外労働者など長期間紫外線に曝された皮膚は加齢による皮膚の萎縮性の変化を伴わず,項部菱形皮膚と呼ばれるような深い,不規則な色素沈着,弾力性のない皮膚となってくる.この様な長期間紫外線に暴露された皮膚に生じる特徴的な変化は光老化と称される.*3

*1「光老化」(しみ) 外来について 近畿大学医学部皮膚科 川田暁: https://www.med.kindai.ac.jp/derma/photoage.htm
*2東海大学医学部付属大磯病院 光老化: https://www.tokai.ac.jp/oisohosp/mame/Medical-Tips46.pdf
*3酸化ストレスと皮膚 光老化から全身性強皮症まで 小川文秀 佐藤伸一: http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/24073/1/JJCI29_349.pdf

光老化に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-16 (月) 13:58:57