免疫抑制療法(immunosuppressive therapy)

ステロイド免疫抑制薬によって自己免疫を抑える治療法。自己免疫疾患に対して行われる。*1

副作用として免疫力が抑制され、細菌ウイルスに対する防御力低下による感染症がある。

*1川崎医科大学 リウマチ・膠原病学 教授 守田吉孝 自己免疫疾患の治療ハンドブック: https://www.kawasaki-m.ac.jp/rheumatology/handbook2017.pdf

免疫抑制療法に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-02 (月) 08:31:30