内因子(intrinsic factor, IF)

胃壁細胞から分泌されるタンパク質ハプトコリントランスコバラミンⅠ)から遊離したビタミンB12と結合し、その複合体は回腸末端にある受容体キュビリン)を介して吸収される。。*1*2

*1微生物に学ぶビタミンB12代謝のシステム酵素学: https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/130/11/130_11_1453/_pdf
*2自己免疫性血液疾患:診断と治療の進歩 悪性貧血 廣川誠: https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/103/7/103_1609/_pdf

内因子に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-06 (水) 19:35:40