再生経路(salvage pathway)

ヌクレオチドの合成経路のひとつ。サルベージ経路とも呼ばれる。

細胞代謝や食物の消化の過程において、RNADNAの分解から生じたヌクレオチド塩基を利用してヌクレオチドを合成する。*1

プリンヌクレオチドの再生経路では、遊離のプリン体5-ホスホリボシルピロリン酸が結合してIMPGMPAMPが生成される。遊離のプリン体が利用できない場合は新生経路が強く働くようになる。

ピリミジンヌクレオチドの再生経路では、オロト酸ホスホリボシルトランスフェラーゼが遊離のピリミジンPRPPを結合することでピリミジンヌクレオチドを合成する。

*1秀和システム 生化学若い研究者の会 これだけ!生化学

再生経路に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:48