健康用語WEB事典

出血性膀胱炎(hemorrhagic cystitis)

出血を伴う膀胱炎症ウィルス細菌薬剤抗がん剤免疫抑制剤、抗アレルギー薬、抗生物質漢方)の副作用放射線などが原因となる。*1

症状は頻尿排尿時の痛み残尿感血尿。中〜重症では血液が混ざっていることが確認できる。

抗がん剤ではシクロホスファミドイホスファミドが出血性膀胱炎を起こすことが知られている。これらの代謝産物であるアクロレインなどが尿中に排泄され膀胱粘膜を障害することが原因とされる。これは尿量が3Lになるよう水分を多く摂取し、以上速やかに排泄することで予防できる。

*1熊本大学病院 出血性膀胱炎といわれたらどうしたらいいですか?: http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/gairaichemo/manual-pdf/02_28.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


出血性膀胱炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-04-24 (水) 13:00:42