健康用語WEB事典

分枝鎖α-ケト酸(branched-chain α-keto acid : BCKA)

分岐鎖アミノ酸代謝によって生成される有機化合物*1

高濃度に存在すると神経毒であるため、哺乳動物は分枝鎖α-ケト酸を迅速に分解するための代謝系を持つ。これを司るのは分枝鎖α-ケト酸デヒドロゲナーゼ複合体であり、これによって補酵素A代謝される。

*1名古屋工業大学学術機関リポジトリ 分岐鎖アミノ酸代謝の調節に関する研究: https://nitech.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2918&item_no=1&page_id=13&block_id=21

ご意見・ご要望をお聞かせください。


分枝鎖α-ケト酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-03-02 (土) 08:48:37