分泌因子(secretory component)

分泌型IgAに結合する、dIgA受容体上皮細胞で産生される。*1

*1佐賀大学 腸管分泌液中のIgAの構造と機能: http://www.microbio.med.saga-u.ac.jp/Lecture/kohashi3/part1/S-IgA.html

分泌因子に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-06-11 (月) 09:36:20