健康用語WEB事典

制御性B細胞(regulatory B cell)

通常のB細胞とは異なり、炎症を抑制する働きを持つB細胞IL-10を産生して炎症を抑制する。レギュラトリーB細胞とも。

制御制B細胞の受容体抗原が結合すると、小胞体から細胞質カルシウムが放出される。小胞体カルシウムが枯渇するとSTIMがそれを感知し、細胞膜上のストア作動性カルシウム流入チャネルを活性化し、細胞外からカルシウムが流入する。*1

流入したカルシウムNFATの活性化を引き起こしてIL-10の産生が起こる。

*1大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 分化制御研究室 黒崎知博 教授 B細胞をめぐる謎に挑み、治療に活かす 〜謎を解き、夢に応える。科学の挑戦は終わらない〜: http://lymph.ifrec.osaka-u.ac.jp/doc/Message.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


制御性B細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-18 (月) 16:52:00