健康用語WEB事典

制酸剤(antacid)

pHを上昇させ、中和する薬剤消化性潰瘍胃炎などの症状を軽減させるために使用される。

尿pHを上昇させるため、酸性非ステロイド系抗炎症薬NSAID)の排泄が増加し、NSAID中濃度が低下することがある。*1

酸化マグネシウム緩下剤として投与(1日2,000mg未満)していた場合、制酸剤によってその便秘予防効果が阻害されることが報告されている。*2

*1東京医科大学薬理学講座臨床薬理部門 治療薬剤情報提供サービスセンター TDCSニュース: http://www.tokyo-med.ac.jp/pharmacol/pdf/News09.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 制酸剤が酸化マグネシウムによるオピオイドの便秘予防効果に及ぼす影響 (KAKENHI-PROJECT-16H00568): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16H00568/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


制酸剤に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-03-24 (火) 11:21:29