健康用語WEB事典

前駆脂肪細胞(preadipocyte)

脂肪細胞分化する前の細胞。過剰にエネルギーを摂取することで、前駆脂肪細胞から成熟した脂肪細胞となり余分なエネルギーを脂肪として蓄える。*1

白色脂肪細胞または褐色脂肪細胞分化するが、これにはエピゲノムが関わるとされる。

「前駆脂肪細胞も脂肪細胞ゲノム塩基配列は同じですが、前駆脂肪細胞では脂肪を蓄える遺伝子の働きが抑えられ、脂肪細胞ではその遺伝子の働きが活発になっています。それぞれの細胞遺伝子の働きが異なるというのは、ゲノム情報が後天的に書き換えられている、つまりエピゲノムが関与しています。*2

*1脂肪細胞ができるのを調節する新規のクロマチン構造を解明: http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/pressrelease/pdf/271120release_rcast.pdf
*2東京大学 先端科学技術研究センター 代謝医学 酒井研究室 環境が脂肪細胞を操作する: http://www.mm.rcast.u-tokyo.ac.jp/assets/files/RCASTNEWS_95%E5%8F%B7_%E6%8E%A2%E6%A4%9C%E5%9B%A3_%E9%85%92%E4%BA%95%E7%A0%94.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


前駆脂肪細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-05-01 (火) 08:41:22