健康用語WEB事典

副刺激(co-stimulation)

Toll様受容体などを介してT細胞に送られる、T細胞を活性化や増殖、分化などへ導くシグナルのこと。共刺激とも呼ばれる。副刺激を起こす分子副刺激分子と呼ばれる。

抗原提示細胞の表面の分子T細胞の表面の分子に結合することによって与えられる副刺激と、サイトカインによって与えられる副刺激の二種類がある。*1

もし、T細胞抗原提示細胞からの抗原の提示を受けていても、副刺激がない場合はT細胞は不活性(アナジー)となり死滅する。これによって自己に対して攻撃性を持ってしまったT細胞は排除される。

抗原提示細胞からT細胞抗原を提示される際に、共刺激が入力されない場合、そのT細胞は次回に共刺激のある条件で刺激されても反応できない。これをアナジーといい、炎症応答を伴わない異物との接触で免疫応答が起こらない一つのメカニズムと考えられる。また、共刺激がないだけでなく、抑制性のシグナルが同時に入力される場合もアナジーが起こる。*2

*1技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*2武庫川女子大学 薬学部 免疫生物学教室 免疫学概論チェックポイント: http://ph.mukogawa-u.ac.jp/~meneki/checkpoint_immunology.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


副刺激に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-06 (月) 07:58:56