創感染(surgical site infection : SSI)

手術による傷口で起こる細菌感染大腸手術で比較的多い。術後創感染手術部位感染とも。*1*2

発赤疼痛、局所熱感、腫脹があれば感染が起きていると言える。他覚的には発赤の有無、自覚的には痛みの有無が重要とされる。*3

手術前の除は創感染を増加させることが知られている。

*1日本臨床麻酔学会誌 周術期の感染症 Surgical Site Infection の予防と対策 鈴木潤 森澤雄司: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/37/4/37_547/_article/-char/ja/
*2日本外科系連合学会誌 大腸癌手術における創感染減少のための創閉鎖法の工夫: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcs/35/2/35_2_126/_article/-char/ja/
*3金沢医科大学 氷見市民病院 院内感染対策だより 創感染とは: http://www.kanazawa-med.ac.jp/~himi/services/pdf/kansen2-36.pdf

創感染に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-17 (日) 16:20:27