健康用語WEB事典

加工ブシ(processed aconite root)

高温高圧で加熱処理されたトリカブトの根。ブシ附子)とも。ベンゾイルメサコニンによる鎮痛作用を持つ。また、神経障害性疼痛を改善する作用を持つネオリンを含む。*1*2

日本薬局方では、ハナトリカブトまたはオクトリカブトの塊根を以下の方法で加工したものと定義される。また、トリカブト毒性成分であるアコニチンおよびメサコニチンの含量の上限が定められている。

  1. 高圧蒸気処理により加工する
  2. 食塩岩塩?または塩化カルシウムの水溶液に浸せきした後、加熱または高圧蒸気処理により加工する
  3. 食塩の水溶液に浸せきした後、水酸化カルシウムを塗布することにより加工する
*1名古屋市立大学 トリカブトの根から神経障害性疼痛に有用な化合物を発見: https://www.nagoya-cu.ac.jp/about/press/press/release/files/20190409/20190410.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 2017 年度 実績報告書 (KAKENHI-PROJECT-26460703): https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-26460703/264607032017jisseki/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


加工ブシに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-13 (水) 17:40:18