健康用語WEB事典

加齢黄斑変性症(age-related macular degeneration : AMD)

加齢によって黄斑細胞の萎縮や異常な血管新生とそれによる出血が起こり、視野の中心部分が見にくくなる症状。

細胞の萎縮が原因の場合は萎縮型加齢黄斑変性症脈絡膜から発生する新生された血管からの出血が原因である場合は滲出型加齢黄斑変性症と呼ばれ区別される。*1

加齢黄斑変性は欧米諸国における失明原因の首位を占め、網膜の中心に位置する黄斑変性をきたす網脈絡膜疾患である。加齢黄斑変性は、黄斑網膜脈絡膜の加齢変化と酸化ストレスから慢性の炎症が惹起されて進行し、最終的に炎症血管新生が誘導される。*2

ルテインゼアキサンチンなどのカロテノイドには加齢黄斑変性症の予防作用があることが報告されている。*3

*1奈良県立医科大学 眼科教室 トピックス:加齢黄斑変性症: http://www.naramed-u.ac.jp/~oph/topics/pages/topics_01.html
*2ルテインの網膜、脈絡膜血管病態への関与:http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/KAKEN_19592039seika.pdf?file_id=28309
*3科学研究費助成事業 研究成果報告書 桐野顕子 加齢黄斑変性の予防を目的とした食品データベースの作成: https://kaken.nii.ac.jp/en/file/KAKENHI-PROJECT-23700940/23700940seika.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


加齢黄斑変性症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:08:56