健康用語WEB事典

勃起(erection)

陰茎に流入する血液の増加と同時に陰茎からの血液の流出が制限されることで陰茎が硬化する現象。*1

勃起が生じるためには海綿体洞の拡張が必要であり、この拡張機能は自律神経系により調節される。これには一酸化窒素作動性神経が主要な役割を果たす。*2

外陰部等の皮膚接触により生じる反射勃起と想像力により生じる精神的な勃起がある。脊髄腰髄)には独自に勃起を生じさせる機能を持つ部位が存在し、からは主にそれを抑制する刺激を受けていることがラットでの実験結果から報告されている。*3

持続勃起症などによって6時間勃起が継続すると、海綿体内の組織虚血に陥り壊死する。*4

*1「勃起機能と NO」 陰茎海綿体の薬理学的研究から得られたもの 木村和哲 名古屋市立大学大学院薬学研究科: http://www.med.akita-u.ac.jp/~doubutu/tohoku/tohoku19/kimura.pdf
*2NO作動性神経と勃起障害 滋賀医科大学薬理学教室 安屋敷和秀 戸田昇 岡村富夫: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/1/119_1_21/_pdf
*3早稲田大学リポジトリ 人間科学研究 生殖神経内分泌Ⅱ:神経制御機構とセロトニン神経の役割 山内兄人: https://waseda.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=22876&item_no=1&page_id=13&block_id=21
*4持続勃起症|東邦大学医療センター大森病院 リプロダクションセンター(泌尿器科): https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/repro/patient/sexual_impairment/priapism.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


勃起に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-27 (月) 17:39:32