半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)

オウレン黄連)、オウゴン黄芩)、ハンゲ半夏)、カンキョウ乾姜)、ニンジン人参)、カンゾウ甘草)、タイソウ大棗)の7つからなる漢方オウレンオウゴンを中心とし、芩連剤とも呼ばれる。*1

*1第33回 漢方処方解説(11)半夏瀉心湯|2016年度|漢方随想録|名城大学: https://www.meijo-u.ac.jp/sp/harbal_medicine/2016/033.html

半夏瀉心湯に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-11-18 (月) 08:54:47