卵巣明細胞腺がん(ovarian clear cell adenocarcinoma)

卵巣に発生する腺がんアリアス・ステラ反応に似たの出現が確認される。*1

国内では卵巣がん全体の25%を占め、欧米の8%と比べて高い。患者の60%程度にARID1A突然変異が確認されている。*2

*1病理標本:卵巣,明細胞腺癌|新潟大学医学部臨床病理学分野: https://www.med.niigata-u.ac.jp/pa1/gallery-25.html
*2世界初!「卵巣明細胞腺癌」の癌抑制遺伝子を発見 | 島根大学医学部: http://www.med.shimane-u.ac.jp/h_docs/2015031900371/

卵巣明細胞腺がんに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-10-08 (月) 10:39:40